『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』#6 潤之助の俺の彼女です!発言も奈未を泣かせてドS先輩が本格参入!

“オー!マイ・ボス!恋は別冊で”も第6話、展開が早くジェットコースター化してきました。
ドS先輩こと中沢さん(間宮翔太朗)が潤之助(玉森裕太)に宣戦布告してからの奈未(上白石萌音)への告白ぶち上げで堂々の参戦でした。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で 6話のあらすじはこちらから

 

相変わらずマイペースな潤之助。なんか自分の荷物を無断で送りつけて、いそいそと半同棲の準備をすすめていきます。まぁ今回ようやくはっきりと、奈未や潤之助を狙う編集の面々がいる前で「俺の彼女です」「俺たち付き合ってます」と宣言した後なのでいいんだけど「奈未ちゃんトイレの電気つけっぱなしだったよ」そんなことは仕事の現場で言わんでもよかろう。

そのあと奈未の家に訪ねてきたのはなんと、恋のライバルと思われた理緒(倉科カナ)。潤之助がいた形跡を隠そうとする奈未だが、やはり相談した恋の相手が潤之助であることはバレていた。しかし、理緒からは意外な言葉「わたし応援するよ」。
潤之助と付き合っていたのは10年前の遠距離。今はもう未練はなく、この言葉にウソはなかったのだろうが…。

病院でばったり会った潤之助に理緒は手が上手く動かない病気にかかていることを打ち明ける。やっと掴んだ夢を失ってしまうかもしれない怖さに潤之助の前で涙を見せ、つい頼ってしまう理緒。そして潤之助もまたつらい境遇にいる理緒に冷たくはできず思わず抱きしめてしまう。そしてここでもお約束、この2人の抱擁シーンを偶然奈未が目撃してしまうのだ。

ここでも潤之助の天真爛漫さがあだとなる。潤之助に奈未を裏切る気はなかったのだろうが、奈未と付き合ってると宣言した以上はまず理緒と2人きりで食事にいくべきではなかっただろう。それだけでも人によっては疑わしいのに理緒に頼りやすい状況を作ってしまったことがそもそも間違いだったろう。

で、このシーンを目撃した奈未は編集部に戻り泣いてしまう。
そこにいたのは和泉さん。「どうしたの?」とやさしく問いただす。中沢を好きな和泉は奈未にキツくあたるのでは?とも思ったが和泉さん何とも優しいお姉さん。そしてこの潤之助とのいきさつを陰で聞いていたドS先輩がついに動き出します。
まずは通りすがりに潤之助を見つけ、まだ理緒のことで頭がいっぱいの潤之助に「あんたがそんなんだったら俺遠慮しませんから」と布告。そして編集部に戻って奈未に向かって「俺、鈴木のこと好きだわ」「俺だったら鈴木のこと泣かせたりしない」とこれまた王道のセリフで堂々と告白。

これ奈未の立場だったらどうしようかという感じ。
玉森を選ぶか中沢を選ぶか…。まだほどよい軽さの玉森派のほうが多数だとは思うが、思ってたよりも中沢さんも男らしい。今回のように潤之助の脇の甘さというかユルさが出るとこの先もちょっと不安。中沢さんはセリフがすべてドヤ顔に見えるところが欠点ともいえようか。

 

一方で仕事のほうは順調に進んでいる奈未。
雑用を卒業し編集アシスタントとして編集部で仕事をし始めます。ここの変化もスタート時から丁寧に描いていて、奈未も少しずつファッション誌の作成に関わり、本を完成させる喜びであったり、雑誌を実際に手に取ってもらえるこの喜びを感じたりしているわけです。そうやって最初は人並みでいいと何も目指すものもなかった子が、自分もファッション雑誌の編集者としてがんばりたいと目覚めていくわけです。それもファッション雑誌の華やかさに浮かれたとか惹かれたとかではなく、一見華やかに見える仕事もほとんどは地道な作業の積み重ねで成り立つと理解した上である。こういう所を丁寧に描くのはいま頑張っている医療関係者とか地味な仕事をがんばってくれている人たちへのエールにもなるんじゃないだろうか。

そして雑誌の売り上げがおちピンチの出版社。そこに麗子(菜々緒)の父親(宇梶剛)の差し金もあり、やり手の若手社長さんから「MIYAVI」に大きく広告を入れたいと申し出があった。
一度は雑誌を守るためと受け入れる覚悟をみせる麗子だが、「雑誌を守るって、作りたい雑誌じゃなくなったら意味がない」と奈未に意見され広告を断った。まさに誇りを捨てて生き延びるか、誇りを持ったまま死ぬか、の瀬戸際の決断である。
ここでも奈未の言葉には、みんなに喜ばれる雑誌を作りたいという具体的な目標が熱意となり伝わりそれが麗子の心を動かしたと思われる。

麗子は麗子で編集長として敵なしと思われるが、副社長とかわいいデートをしたものの副社長にライバル社の編集長が近づいてきたり、業界で力のある父親に仕事のことをまったく理解してもらえてなかったりとこの先も前途多難そうである。特に父親は麗子に編集長をあきらめさせるため、ライバルの出版社と手を組み「MIYAVI」をつぶしにかかってくることくらいはしてきそうな人物だ。

次週も潤之助と奈未はすれ違いっぽい。
やっぱり奈未には潤之助が合ってるかなぁとは思うが、幼なじみの元カノとの再燃と思ってしまったらもともと何一つ勝てるところがないと思ってる奈未は今度も簡単に潤之助を信じることはできなそうだねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です