「着飾る恋には理由があって」第4話 あらすじ&感想 今度はくるみが「そうだね…たぶん好き…」駿にぎゅーされながら

第4話 あらすじ

 

キャンプの夜、駿(横浜流星)から「たぶん好きだね」と言われた真柴(川口春奈)。
帰り道は2人だけコースを外れ、駿がおいしいと認めるお蕎麦屋さんへと行く。

駿に好きと言われ、夜には部屋の壁を4回叩かれ「お・や・す・み」の合図と気づき4回叩き返すも、駿の本当の気持ちがどこにあるのか分からないまま…。

 

そんな時、羽瀬さん(中村アン)が体調を悪くしたと陽人(丸山隆平)が言ってくる。
話を聞くと妊娠した可能性があるので、妊娠検査薬を代わりに買いに行く真柴と駿。

 

香子(夏川結衣)留学の費用を詐欺にあい失う。
そんな時、元旦那の礼司(生瀬勝久)が力になりたいと突然訪れてくるが、何か魂胆があるはずと追い出す香子。

 

 

体調は悪くてもバイトに出かける羽瀬さん。
バイト先の相手に話しかけようとするも、その人に結婚相手がいたことが分かり何も言えなくなる。
そこに居合わせた陽人が心配し駆け寄って言葉をかけるも、「ひとりで解決できるからほうっといて!」と突き飛ばし邪険に扱ってしまう。

 

同じころ、真柴が広報を務める「el Arco Iris」で有名デザイナーのウー・メイファンとの対談予定したいたが、急遽対談の相手に指名される真柴。
対談中におうちで過ごす幸せな時間はどんな時か?と聞かれ、駿と過ごした時間ばかりを思い浮かべて答えてしまう。

 

対談も概ねうまくいきシェアハウスに帰った真柴。
ちょうど羽瀬さんが妊娠検査を終えたところだが、見る勇気がないので代わりに見てくれという。
戸惑っているところに駿と香子も帰宅し、俺も子育てを手伝うなどと駿が言いだし大騒ぎになるが、結果を確かめると妊娠はしていなかった…。

部屋で二人きりになった真柴と駿。
真柴が欲しがった抹茶最中を必死に探してくれてた駿に「ぎゅー…してもらっていいですか?」

真柴を抱きしめながら駿は「もしかしてまめしば真柴さん…俺のこと…好きなのかもね~」
「そうだね…たぶん 好き」

第4話 感想

SNS更新しまくりのインフルエンサーの真柴とミニマリストの駿。
もっと生き方の違う2人の対立が描かれるのかと思ったら、すんなりと恋愛に発展。

素直で自然体に行動する駿より、仕事に一生懸命で自分の気持ちに気付くのが少しだけ遅かった真柴も
「ぎゅーして」からの「たぶん好き」でした。

川口春奈ちゃんはカワイイけど、駿の言うビフォアーの方がいいっていうのも分かる。
来てる服とかネイルとか、派手な黄色とか使ってる色が強すぎる気がするし、メイクもあそこまでバッチリきめなくても十分かわいいでしょって思う。

ただ駿の前だとどっちでもカワイイってことなんだな…。
最後のシーンはそんな表情をしておりました。

 

一方で体調を悪くした羽瀬さん。
心配する陽人のほうは”恋愛感情”ではなく、同居人と心配しているor職業柄放ってはおけないってことでしょうか。

ただ彼氏候補だったバイトの先輩には二股(?)かけられてたわけで、別な人と結婚となればもう関係は続かなくなり、他の男性へと気持ちは移るということなのでしょうか。

 

しかしねぇ、みんなに心配かけてるのに何かと素直じゃない羽瀬ちゃん。
この話でもまわりの人間に無頓着な人物として描きたかったのかもしれないけど、さすがに自分の妊娠の可能性や妊娠検査薬を頼むことを男女とか関係なく知られても平気ってのは、ちょっとねー…

あげくに妊娠検査薬の結果まで人に見て欲しいと頼むしまつで、そこまで行くとクールでかっこいい羽瀬さんではなく、ただわがままで常識ない人みたいになっちゃう。

シェアハウスの全員に知らせるんじゃなく、せめて香子さんだけに相談し
羽瀬「香子さん代わりに結果見てくれません…」
香子「だめよ…羽瀬ちゃん自分で見なきゃ、はい」
羽瀬「はぁ…陰性でした」
香子「そう…強くなさいい羽瀬ちゃん」背中ぽんぽん

こんな感じでよかったと思うけどね。
ま、絵の方は真柴がSNSに上げたおかげで何か進展しそうでよかったですけど。

 

駿と真柴が順調に恋愛していきそうなところへ
ついに葉山社長(向井理)が戻ってきそうな気配で
これでまたまめしば真柴さんが揺れるのは必定ってことでしょう!

 

 

第5話 予告

 


他のドラマブログを探すにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です